¡Delicioso!Guatemala

カテゴリ:未分類( 69 )

日常の風景

道端で人が倒れてる!?
c0202117_16151464.jpg

と思ったら、酔っ払いが寝てました。
道端で寝てる、酔っ払いは本当に多いです!

c0202117_16162155.jpg

ヒツジの散歩。草を食べるために、散歩?させています。
牛・豚・馬の散歩もよく見ます。

どちらも、家の目の前の道端です。日常の風景。
[PR]
by ssayoyoyo | 2010-04-09 16:19

コミュニティでの料理教室

3月から、コミュニティでの「出張料理教室」を始めました。

地域の女性に集まってもらい、そのうちの誰かの家の台所や学校を使わせてもらいます。

始めの30分ぐらいは、栄養や健康についての勉強をして、そのあとにみんなで料理を作ります。
メニューは、その地域で手に入る材料でレシピを考えて、3~4種類のメニューのなかから
何を作りたいか選んでもらっています。

もちろんガスコンロはなく、すべて薪のかまどで調理します。

材料は、参加者に持ちよりにしてもらっているので、
ある人は、畑から取りたてのじゃがいもを、頭に乗せて持ってきたり、
ある人は、調理に使う薪を持ってきたり、
ある人は、頼んだはずのきゅうりを忘れたかと思ったら、
     レシピにない玉ねぎをポケットからだしてきたり、
調理の前から、おもしろいです♪

c0202117_15465473.jpg

これは、「ゆで卵入りのポテトサラダ」を作っているところです。

c0202117_15483120.jpg

料理が完成する頃になると、トルティーヤ(グアテマラの主食)作りです!
トルティーヤ作りは、逆におばちゃん達に教えてもらっています。

c0202117_15541663.jpg

ポテトサラダ&トルティーヤの完成です!
炭水化物に炭水化物ですが、トルティーヤがないと、モノ足りないそうです。
[PR]
by ssayoyoyo | 2010-04-09 15:58

お隣の国~エルサルバドルの旅~

3月に4泊5日で、お隣の国「エルサルバドル」へ旅行に行ってきました。
グアテマラの首都から、バスで4時間で、エルサルの首都に到着しました。

c0202117_1519665.jpg

火山口を見に行ったり、
c0202117_15205019.jpg

任地では見れない、ひさしぶりの海に感動したり、
c0202117_15214623.jpg

本場エルサルの「ププサ」をたくさん食べたり・・・

何より!5日間ずっと、エルサルの隊員が何から何までお世話&案内してくれた
おかげで、とても楽しい5日間でした☆

無事に、グアテマラに帰ってこれました!ありがとう!
[PR]
by ssayoyoyo | 2010-04-09 15:27

始めました!

グアテマラの伝統的な「織物」を習い始めました。

まず始めに、市場に糸を買いに行きました。
c0202117_1513642.jpg

糸屋さんは、とてもカラフルです。

友達のホームステイ先のお母さんに、教えてもらっています。
c0202117_1535187.jpg

[PR]
by ssayoyoyo | 2010-04-09 15:06

3月2日 今日の活動

少し前の日記で紹介した、低体重児教室に来て、
料理を教えて欲しいと言ってくれた双子のお母さんの家を訪問しました。

始めに「インカパリーナ」という、栄養たっぷりの飲み物の作り方を教えて
一緒に作りました。
これは、とうもろこしや大豆の粉から作られた粉末を、
お湯に溶かすだけで簡単に作れる飲み物です。
c0202117_13461452.jpg


そして、いよいよ本題!
このお母さんをリーダーにして、地域の女性でグループを作ってもらい、
どこかの家を使って、栄養&料理教室を始めたいなーという相談をしたかったのです☆

しかし、それにはいくつか条件をクリアしないといけないのです。

☆材料は各自で分担して持ち寄る。
☆台所を使わせてもらえる場所が必要。
☆リーダーになる人を決めて、グループのメンバーに連絡してもらう。
☆参加者を集めないといけない。
☆栄養&料理を学びたい!というやる気があるか。

以上のことをふまえて、教室を始める提案をしてみました!
すると、こころよくOKしてくれて、「私がメンバーを集めるし、家もここを使っていいよ」
と言ってくれました!

いつから始める?と聞くと・・・・なんと!!
母:「明日の朝、9時からしよう!!!」
私:「いやいや、材料の準備もしてもらわないとあかんし、メンバーにも声かけてもらわなあかんし・・・」
母:「だいじょうぶ!今から買い出しに行くし、連絡もするから、明日にしよう」

ということで、急きょ翌日から教室を始めることになりました。

c0202117_13554922.jpg

双子ちゃんが、同時にお乳を飲んでる、ほほえましい光景です。
でも、もう2歳2か月なのに、いまだにお乳大好きで、ご飯をあまり食べないのです・・・
[PR]
by ssayoyoyo | 2010-03-04 13:59

12月の旅行~ティカル遺跡~

かれこれ三カ月近く経ちますが、12月にグアテマラ国内を旅行してきました。

世界遺産にも登録されていて、日本のTVでもたまーに紹介される
「ティカル遺跡」です。

遺跡の詳しい説明は省略しますが・・・
「ジャングルの海」でした!!
森が海のように360度広がっていて、その森の中に遺跡が点在しています。
c0202117_11444697.jpg


いくつかの遺跡は、てっぺんまで上ることができます。
c0202117_114348.jpg


転落事故が多いいために、安全に配慮して、遺跡の横に設置された階段で上ります。
c0202117_1147237.jpg

しかし、その階段がハシゴのように垂直で、全く安全じゃないのです・・・

c0202117_11484924.jpg

この遺跡を見れただけでも、グアテマラに来た価値があったと思いました。
ティカル遺跡を見にグアテマラに来て下さい!
[PR]
by ssayoyoyo | 2010-03-02 11:51

栄養教室で

1つ前の日記に書いた、低体重児の栄養教室でのこと。
調理中の待ち時間に、写真つきの日本の料理本を見せて紹介しました。
c0202117_1421713.jpg


すると、お母さんたちから、こんな反応がありました。

☆日本のキューリはとても細い!!低体重児だね(笑)
☆(オクラの写真を見て)これは、日本のトウガラシか~
 すごい大きいし、すごい辛いんやろーね。
☆(おせち料理の伊達巻の写真を見て)このケーキおいしそう♪

などなど、色んな反応があっておもしろかったです。


教室が終わったあとに、ある双子のお母さんが私のところにやって来ました。
先週、家庭訪問した時に留守だったので、ドアのすき間に教室の案内を挟んで帰った
ところ、それを見て今日の教室に来てくれたそうです。

そのお母さんが、
「子どもが大きく育つように、栄養のある料理をもっと教えて欲しい。
 できれば、紙にレシピを書いてもらいたいんだけど・・・・
 どうしてかと言うと、家から保健所まで遠いうえ歩くしか交通手段がないから、
 双子の二人を一緒に、この教室に連れてくるのは難しい。
 今日も一人は家に残っているの。レシピがあれば、家でもまた作れるから」
 と、話してくれました。

グアテマラに来てから初めて、村に住んでいるインディヘナのお母さんから
「料理を教えて欲しい」と言われました。

スペイン語もまだまだ不十分で、ましてや現地語(マム語)は全然話せないし、
自分はここで役に立ってるんだろうか?と考えることが最近多かったので、
お母さんたちに少し認めてもらえたような気がして、嬉しかったです!
[PR]
by ssayoyoyo | 2010-02-23 14:59

低体重児の栄養教室

今日で、日本を出発してちょうど8カ月。
今日は、月1回の低体重児の栄養教室の日でした。

9月から始めた教室で、
9月の参加者は、お母さん10人+その子ども。
10月は、お母さん4人+その子ども。
11月は、参加者ゼロ・・・・
12月は、またまた参加者ゼロ・・・

年が明けてから、こまめに家庭訪問をしたり、教室の案内を配ったりして、
1月は、お母さん7人+その子ども。

そして、2月の今日は、7~8人ぐらいのお母さんが来てくれたらいいかな?と
思ってたところ・・・・
続々と、続々と人が集まり!
なんと、20人のお母さん+その子どもたちが集まってくれました☆

c0202117_13443830.jpg

始めに今日使う食材の栄養の話をして、そのあとは調理実習。
今日のメニューは「トマトクリームのパスタ」です。
赤ちゃんを背負いながら、野菜を切っています。

c0202117_13512911.jpg

包丁が足りないので、食事用のナイフも使って、無理やり切ります・・・

c0202117_13554073.jpg

あまりにたくさん集まってくれたので、狭い台所はぎゅうぎゅうで、
床に座ったり、立ったまま試食の親子もいました。

予定していたよりも、倍以上の人数になったため、急きょ食材を買い足したり、
水をいっぱい入れて薄めたので、思い通りの出来にはならなかったけど、
ペロリと完食してくれました!
[PR]
by ssayoyoyo | 2010-02-23 14:07

スペイン語の先生~その2~

スペイン語授業で、先生へのバレンタインのプレゼントに、
手作りのお菓子を、授業の始めにプレゼントしました。

その日の授業では先生の娘さんが貸してくれた、
子ども向けのスペイン語の物語を読みました。

その内容が「ある子どもが、周りの人を喜ばせるため、そして、
人助けをするために、内緒で「サプライズの贈り物」をする」という話でした。

そして、授業が終わり・・・・
カフェのお茶代を払うためにレジに行きました。
(先生の分も私が払うことになっています。)

すると、
店員:「もうお会計終わってます。お金はもらいました。」
私:「え?誰が払ったの?」
店員:「あるオジサンが、あなた達の分も一緒に払ってくれたみたい!」
私:「そのオジサンって誰?知らないんやけど」
店員:「あなた達のファンじゃないかしら・・・。
    今日はいっぱいお客さんが来てたから、そのうちの1人かな?」

何がなんだかさっぱり理解できず・・・でも、お金は払わなくてもいいとのことなので、
とりあえず席に戻り、よく分からないまま先生に状況を説明しました。

すると・・・・
先生がにやにや笑いながら
「これは、私からのサプライズプレゼントよ!!」と言いました!
それでも、意味がわからず・・・「何が起きたの?」と聞くと、

「あなたが手作りのお菓子をプレゼントしてくれて、とてもびっくりしたし嬉しかった。
 何かお礼をしたいなぁと考えてて、偶然「サプライズの贈り物」の話を
 授業で読んだから、私もサプライズにしようと思って、さっきこっそりお茶代を払って、
 店員さんにも協力してもらったの」
とのことでした★

いや~びっくりしました。でも、先生からのサプライズとっても嬉しかったです!
こんなステキな先生です♪
[PR]
by ssayoyoyo | 2010-02-23 13:18

スペイン語の先生

10月から週に1~2回、カフェでスペイン語の授業を受けています。
時には土曜日、時には日曜日、
時は職場の人にウソをついて平日に、仕事を抜け出して・・・

先輩隊員から紹介してもらったグアテマラ人の女の先生です。
フロールという名前で、スペイン語では「花」という意味です。

授業はマンツーマンなので、仕事で使う栄養教室の原稿を添削してもらったり、
自分が勉強したいことをやらせてもらえます。
3時間の授業が、あっという間に過ぎていく、とても楽しい授業です♪
c0202117_12342774.jpg

(真ん中がフロールです)

しかも、日本では考えられないことに、授業のレッスン代は
1時間300円! 安い! 

先生は、ケッツァルテナンゴ市内にある、日本人宿でもスペイン語を教えて
いるので、カタコトの日本語や日本のことをよく知っています。

ある日、フロールが「NIKUMANの作り方を教えて欲しい」と言ってきました。

グアテマラ人の口から、「肉まん」という言葉が出てくるとは予想外で、
始めは何のことかわかりませんでしたが・・・まぎれもなく「肉まん」でした。

ちょうど、2月にフロールの誕生日があったので、フロールの家にお邪魔して
肉まんを作りました!まさか、グアテマラで肉まんを作ることになるとは・・・
c0202117_12334013.jpg

[PR]
by ssayoyoyo | 2010-02-23 12:37

En Guatemala
by ssayoyoyo
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カテゴリ

お気に入りブログ

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

ブログパーツ

最新の記事

料理教室・お好み焼き
at 2010-10-09 13:41
15歳の誕生日
at 2010-10-09 12:38
☆とうもろこし星人☆
at 2010-10-09 12:02
最近の活動・家庭訪問
at 2010-10-07 08:49
生活の一部・肉屋さん
at 2010-10-07 06:19

ファン

ブログジャンル

画像一覧

イラスト:まるめな