¡Delicioso!Guatemala

2009年 10月 02日 ( 2 )

低栄養教室

私の職場で、初めて「低栄養教室」を開きました。
低栄養のこどものお母さんに、栄養について学んでもらい、
料理を紹介して試食してもらうという教室です。

でも、初めての試みだったので、グアテマラ人の同僚も知識がなく、何をしていいのか分らず、
前日になっても、全く内容について話し合うことがないまま、仕事が終わってしまいました。

どの部屋を使うのか?誰がどんなことを話すのか?誰が何の料理を作るのか?
材料は誰が買うのか?試食用の食器&スプーンがないけど、どうするのか?
まったく何も決まってないのです・・・・

私はあえて意見は言わず、第一回目の教室は現状を観察するつもりだったのですが・・・

これじゃあいかん!と思い、急きょ家に帰ってから、教材を作って、原稿を書いて、見本の離乳食を作って
ひそかに準備しました。

そして、教室の当日。
ピースコー(アメリカのボランティア)の子が、料理の準備&子どもの身体測定の準備をしてくれていたので、私の考えた内容と組み合わせて実施しました。

原稿を添削してもらう時間もなく、むちゃくちゃのスペイン語の原稿棒読みだったけど、
なんとか終わって、ひと安心。
c0202117_10494883.jpg

[PR]
by ssayoyoyo | 2009-10-02 10:52

低栄養の赤ちゃん

私が働いている地域には、低体重(低栄養)の赤ちゃんがたくさんいることがわかってきました。
特に、2歳未満の子たちに多いです。

低栄養になってしまう原因は
・離乳食を始めないといけない、生後6ケ月を過ぎても母乳メインで
 離乳食が進まず、栄養が足りなくなる。

・お母さんの栄養が不十分のために、母乳の出が悪く、赤ちゃんの栄養も足りなくなる。
 しかも、母乳の代わりになる粉ミルクを買うお金がない。母乳の代わりに何をあげたらいいのかわからない

・たくさんいてる兄弟の下の子に低体重児が多い。
 たぶん、子どもが多すぎて食べ物を十分に買えない。

グアテマラの西部(私がいてる地域)は、インディヘナの先住民が多く、
インディヘナの子どもの70%近くが低栄養だという話を聞きました。

さらに、グアテマラは中南米の国のなかで一番、低栄養の子どもの割合が多いという話も聞きました。

ここで、自分がしないといけないことが、少しずつ見えてきた今日このごろです。

c0202117_1043187.jpg

[PR]
by ssayoyoyo | 2009-10-02 10:05

En Guatemala
by ssayoyoyo
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリ

お気に入りブログ

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

タグ

ブログパーツ

最新の記事

料理教室・お好み焼き
at 2010-10-09 13:41
15歳の誕生日
at 2010-10-09 12:38
☆とうもろこし星人☆
at 2010-10-09 12:02
最近の活動・家庭訪問
at 2010-10-07 08:49
生活の一部・肉屋さん
at 2010-10-07 06:19

ファン

ブログジャンル

画像一覧

イラスト:まるめな